柑橘類は、認知症予防に効果的?

いくつかの生物を使った研究実験では、柑橘類に、認知症予防効果があることが報告されている。
2017年5月に、東北大学の研究者は、認知症と柑橘類摂取に関しての調査の結果を報告している。
約1万3千例で、5.7年間の認知症発生率は8.6%。
1)柑橘類を週に2回以下 2)3-4回 3)ほぼ毎日 摂取していると分けると、その危険率は、2)は1)の0.82倍、3)は1)の0.77倍と、柑橘類の摂取習慣が認知症発生を抑制することを示した。
ということで、この研究結果を考えると、柑橘類は同然、生で摂取するので、ビタミンやミネラル、酵素に食物繊維を多く取り入れて生活をしている人たちが、元気に年を重ねているということでしょうか?

B型肝炎の予防接種について

昨年度から、0歳児を対象としての、B型肝炎ワクチンが行われるようになりました。
予防接種のお知らせでは、以下となります。
対象者:1歳未満の方
接種回数:3回
となっております。
接種間隔は、1回目の接種日を起点として、4週間後に2回目、20週後以降に3回目を行うこととなります。
従って、3回目が0歳であるためには、この接種日が、誕生日の前日でなければ、公費負担を受けることできなくなるので、少なくとも生後32週を迎える前に接種開始をしてください。
もちろん接種のオススメは、2ヶ月目ごろから、肺炎球菌ワクチンや髄膜炎菌ワクチンの接種と一緒に開始するのがいいと思います。

熱中症

今年も六月に入り、暑い日が続くようになりました。
熱中症は例年梅雨明けの時期から急増する傾向 があります。身体が暑さに慣れていないため上手 に汗をかくことができず、体温を上手く調節できない からです。症状が進むと命にかかわることがある熱 中症ですが、適切な予防法で防ぐことができます。 熱中症対策をしっかりと行いましょう。熱中症の予 防のポイントとしては、「水分・塩分の補給」「風通し のよい服装」「部屋の温度は28度を目安とする」「適 度な運動で汗をかく」といったものがあります。 症状が出たら応急処置として涼しい環境への避難、 脱衣と冷却、水分・塩分の補給を早急に行うことが 大切です。また自力で水分補給ができないことが 医療機関へ搬送の目安となります。熱中症は、回 復してしまえば終わりというものではありません。 熱中症で体温が高くなると、大腸菌で作られた内 毒素が血液中に漏れ出て、体温が正常に戻って も体の抵抗力が弱まるという研究結果もあります。 病院を受診した後は大事をとると共に、しばらく の間は体を労る生活をするようにしましょう。